使用料金が高くても

レンタルサーバーの利用料金が高くても、顧客や利用者はそれを気にすることはありません。エラーなどで利用出来なくなったり、顧客を逃してしまうことのほうが企業側にはダメージが大きいので費用が高くても長期で見れば利益のほうが大きいとされています。

503エラーを防ぐ

ネットワーク

サーバーに多いトラブル

レンタルサーバーや通常サーバーのトラブルには503エラーと呼ばれる通信系のトラブルが多いとされています。503エラーはサーバーが耐えられるアクセスの上限に達しているため制限が掛かっている状態のエラーになります。

503エラーをなくすには

503エラーの通信エラーをなくすにはサーバーの転送量が多いものを利用する必要があります。しかしサーバーを用意して管理するのは手間とコストが掛かってしまうのでなるべくはレンタルサーバーで比較をして決めるといいでしょう。

レンタルサーバーの費用

転送量の多いサーバーなら瞬間的な大量のアクセスにも耐えきれます。しかしここで問題になるのがサーバーの費用です。レンタルサーバーも性能によって費用が大きく変わるので気をつけなければいけません。

安いほうが良いとは限らない

レンタルサーバーの費用が安ければ良いと思う企業や経営者も多いでしょう。しかしレンタルサーバーのセキュリティ、転送量などは費用と関係しているので後々、こうしておけば良かったと後悔しないようにきちんと選びましょう。

レンタルサーバーの選び方

レンタルサーバーの選び方にはいくつかのポイントがあります。ネットワーク回線が強い、503エラーに対応して転送量が大きい、バックアップ機能付き、サポートの質が良いといったポイントになりますので参考にしておくといいでしょう。

広告募集中