レンタルサーバーのドメイン設定は?

レンタルサーバーでのドメイン設定は別途でドメインを取得し利用するか、レンタルサーバーのサービスでサーバーと一緒に取得するかのどちらかになります。もし、難しいと感じるならドメイン取得をサポートに問い合わせることも可能です。

レンタルサーバで利用される用語

「データベース」

サイト作成などに必要になる場所としてデータベースがあります。データベースの数が多いサーバーではその数だけサイト作成が可能になるので、データベース数は確認しておきましょう。

「サーバー容量」

容量はサーバーだけでなくパソコン本体にも使用される用語になります。意味としてはパソコンと同様でデータを保管できる量になっています。容量が大きければその分だけ有利になるのです。

「共有SSL」

SSLとはサーバーで行なう通信を暗号化するシステムになっています。最近ではSSLの重要性が高くなっており、独自SSLのよりも共有SSLのほうが簡単なので多くの利用者に好まれています。

「転送量」

サーバーの送受信の量を表す転送量は、数値が大きいほどアクセスが集中しても耐えることが出来るようになります。よく503エラーという表示が出てしまうのですが、これは転送量が少ないサーバーに多いのです。

「自動インストール」

インストールは端末にソフトやシステムを取り入れることを意味します。自動インストールの場合には自動的にサーバーに必要なソフトやシステムを取り入れるようにしてくれる仕組みのことになっています。

レンタルサーバー利用時に気にする性能ランキング

no.1

一日の転送量の上限

レンタルサーバーを利用している方々の多くが、一日の転送量の上限性能を気にしています。サーバーにおいて転送量の上限は業務に影響が出る重要なので、エラー表示をさせないために注目されている部分です。

no.2

セキュリティの種類

サーバーの利用には外部からの侵入を防ぐために様々なセキュリティが用意されています。セキュリティによって安全性が変わるので選ばれる性能の基準となっています。またSSLなども共有出来るものが人気が高く評判です。

no.3

マルチドメインの数

マルチドメインとはサーバーで利用できるドメインの数を表しています。この数が多ければ多いほど複数のサイトを運営する事が出来るので数ある性能の中では比較的優先度の高い部分になっています。

no.4

CPUのスペック

CPUはサーバー自体の処理速度の影響する部分になっており、CPUが高性能であれば解析や処理が大きく向上します。業務の効率化において欠かせないと多くの方がCPUを基準にレンタルサーバーを選んでいます。

no.5

他ツールの使用

サーバーによってはあるソフトが使用できない、システムが利用できない、といった問題が出てきます。システムやソフトもサーバーと併用することでいろいろなメリットが生まれるのでこうした性能に気を使っている方も多いとされています。

レンタルサーバーの比較

ネット

レンタルサーバーを比較する

レンタルサーバーを比較する上で重要な部分になるのが通信量になります。サーバーの問題点としてアクセスが集中するとエラーが発生して利用できなくなる、というトラブルが発生してしまうのでこれを避けるようにしましょう。また、その他にも確認すべきことがあります。

運営サイトの数

サーバーによって運営できるサイトの数が限られている場合があります。そのためレンタルサーバーを比較する時には、マルチドメインがどれだけ可能なのかを知っておくといいですね。

管理画面の状況

サーバーの管理画面は性能と同レベルで重要になります。いくら性能が良くても管理がし難い場合は業務に支障が起きることもあります。シンプルで分かりやすい、自動決済が付いているなどを比較してみましょう。

レンタルサーバーの疑問解決コーナー

サーバーの乗り換えでダウンすることはありますか?

他のサーバーから乗り換える場合にはサーバーのマニュアルに従って操作を実行していただければ基本的にサーバーダウンを起こすことはないとされています。不安であればサポートに問い合わせをしましょう。

モバイルサイトでも独自SSLは利用できますか?

サーバーの性能にもよりますが、利用することは可能です。しかし、利用できない端末も存在しているので利用可否チェックシートなどで確認をしてみるといいでしょう。

コンテンツの制限はありますか?

一部のコンテンツに関しては制限があります。ポルノサイトやそれに類似したサイト、個人や企業のプライバシーの侵害に該当するものはサービス提供を停止されてしまう可能性が高いとされています。

お試し期間はありますか?

お試し期間や無料期間は存在しています。業者によって日数は異なりますが、2週間や1ヶ月、長くて6ヶ月という期間を設けている業者も存在しています。いろんなサイトの情報を調べてみましょう。

バックアップはされていますか?

サーバー内のデータは自動バックアップがされていることが多いです。業者によってバックアップが行われる時間と回数が違うのですが、基本的にどのサーバーでも行われていると言えるでしょう。

広告募集中